(お取り寄せ)TECH21 マルチエフェクター シグネチャーモデル リッチー・コッツェン RK5 SansAmp-マルチエフェクター



リッチーと綿密な打ち合わせを重ね、彼の意見を尊重しながら、プレイやサウンドの細部に至るまで
気を配ってRK5を設計しました。単なる「リッチーの名前が入ったFly Rig 5の別バージョン」ではあり
ません。RK5は、新たにRichie Kotzenシグネチャーとして完成したモデルです。

2014年のWinery Dogsツアーでは、RK5の最終プロトタイプを使い、その後のソロツアーでも引き続き、
同プロトタイプを使用していました。
その間、Tech21では、商品化に向けての最終準備が進められていました。

リッチーは、ライブでRK5をアンプと接続して使用していますが、RK5はそのアンプすら必要としない
SANSAMP回路を備えています。このSANSAMPは、RK5をそのままPAやミキサーにダイレクト接続
することが可能です。また、RK5にはエフェクトとして、リバーブ、タップテンポ付きディレイ、ブースト、
そしてリッチーのシグネチャー「OMG」オーバードライブが 内蔵されています。

RK5は、ローカルのジャムセッションや緊急のセッション仕事にもすぐ、対応できます。非常にコンパ
クトで軽量、場所や運搬の問題を全て解決してくれる画期的なアナログ・マルチ・エフェクターなのです。
ギターとアンプの間にRK5を接続するだけで、セッティング時間や接続のストレスを全て解消してくれます。

  • 本機のチューブアンプ・エミュレーター「SansAmp」は、あらかじめクリーントーンにボイシングされ
  • ています。3バンドのアクティブEQ、レベル、ドライブ・コントロールを調整すれば、オーバードライブの音創りも自在です。
  • SansAmpセクションのリバーブは、Tech21 Boost RVBに基づいてデザインされています。そのサウンドは、ビンテージのスプリング・リバーブの豊かなアンビエント・サウンドを再現しています。
  • OMGセクションのオーバードライブは、リッチーのシグネチャー・モデル「OMG」に基づいてデザインされています。 クラスAのシングル・パワー管アンプのような自然な歪みでありながら、タイトなサウンドと、速いレスポンスが特徴です。 このセクションには、LEVEL、TONE、DRIVEのコントロールを備えています。
  • OMGセクションの「Boost」は、プリアンプの手前で最大21dBのゲイン・ブーストを行います。 SansAmpセクションやDLAセクションのそれぞれのブーストや、接続しているアンプのブースターとしても使用できます。
  • DLAセクションはTech21 Boost DLAを基にデザインされています。ビンテー ジ・テープエコーのサウンドを再現しており「Drift」のコントロールがランダムなモジュレーション効果をサウンドに加えます。 「Tap」スイッチを使用し、ディレイタイムのタップ入力も可能です。
  • 全て信号経路はアナログです。(デジタル・リバーブとディレイは、パラレルでミックス)
  • 金属製ボディーの頑丈な筐体。
  • 金属製のフットスイッチと入出力ジャック。
  • 1/4インチ ハイインピーダンス入力。
  • 1/4インチ ローインピーダンス出力。
  • カスタムメイドのフットスイッチを使用したサイレント・スイッチング。
  • 専用12V DC(100-240Vスイッチング)電源アダプター付属。
「我々は、アメーバ毎の小集団が有機的に連携できる情報伝達基盤が必要だと考えています。 数万名規模の安定稼動実績があることや、標準機能で対応可能な範囲が多いことがインスイート採用に至った決め手です」
全社に必要な情報をポータルに集約し、高機能化を実現

(お取り寄せ)TECH21 マルチエフェクター シグネチャーモデル リッチー・コッツェン RK5 SansAmp-マルチエフェクター

meris Ottobit Jr.